string furniture

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

Facebookで共有する Share on Pinterest Twitterで共有する

歴史

一瞬のひらめきが形になるとき

本当によいものは時代とともに育まれ、やがて時を超えて不朽の名作となる。

この言葉は、スウェーデンの建築家ニルセ・ストリニングがデザインした ストリング シェルフにふさわしい言葉ではないでしょうか。

1949 年、スウェーデンの大手出版社ボニエールが本棚のデザインコンペを実施しました。これからの時代、書籍が身近なものとなり、人々が多くの本を買い求めるにつれて収納棚が必要になると考えたからです。

ニルス・ストリニングの考案した製品は、シンプルかつ軽量。薄型梱包が可能で運送費の削減につながり、組み立ても簡単です。装飾のない棚板は手軽に移動することができ、奥行きのバリエーションも豊富。書籍はサイドパネルによってしっかりと固定されます。上下左右にパーツを連結できるので、壁面のスペースに応じて機能的に配置できます。また、はしご状になったサイドパネルは一本一本を細くして、見た目の美しさにもこだわりました。さらに、多彩なカラー展開により、インテリアに合わせたコーディネートも思いのまま……。

このような数々の優れた点から最優秀賞を獲得し、製品化が決定したのです。そして当時まだ第二次世界大戦後の悲しみにくれていたヨーロッパの人々の信頼を得て、20 世紀の北欧を代表する機能性に優れた家具の一つとして爆発的なヒットへとつながりました。特にティーンエイジャーという言葉が生まれつつあったこの時代の、若い世代からの人気は絶大なるものでした。

人々はこれまで、より便利で快適な暮らしを求めて、さまざまな製品を生み出してきました。
すべての製品の誕生には、時代背景やそれまでの歴史が大きく影響し、商品化されるまでにひとつの物語が存在します。例えば食器洗い乾燥機が普及する以前は冷たい水でお皿を洗い、乾燥するまでに長い時間が必要でした。しかし食器洗い乾燥機が一般的にも使われるようになると、手が荒れるような大変な仕事がなくなり、すべてにおいて時間短縮が可能となりました。同時に食器を衛生的に乾燥できるようにもなりました。すると人々は、たくさんのお皿を食卓で使うようになり、やがて大量の食器を収納する棚が必要となりました。

ニルス・ストリニングはそんな世の中の要望に応えるべく、1946 年にワイヤー収納システムブランドのelfa 社から、ディッシュラックを商品化したのです。その3年後には当時のプロデューサーであったアルネ・リドマールとの共同作業でワイヤー部分を樹脂加工にした製品の開発にも成功しました。それらは今なお、スウェーデンの多くの家庭のクローゼットや洗濯かご、キッチンのシンク用バスケットなどで使われるほどのロングセラーとなっています。とてもシンプルな造りですが、スウェーデンの日常には欠かせないものなのです。

これらの製品はニルス・ストリニングの人生哲学を集約したデザインと言っても過言ではありません。ニルス・ストリニングのひらめきが、さまざまな機能やアイデアをまとめあげ、ひとつの形となっていく……。
それは まさに名匠の技といえるのではないでしょうか。

スウェーデン国立芸術工芸デザイン大学デザイン手工芸理論学教授
シャスティン・ウィックマン

1917
12月8日、ニルス・ストリニングはヴェステルノーランド地方のクラムフォシュで生まれました。

1922
1月27日、カイサ・ストリニングはヴェステルボッテン地方のスヴァンホルムで生まれました。

1949年
世界中から194組が参加したボニエール社のシェルフコンペでニルスのデザインが最優秀賞受賞。同年ストリング誕生。

1950年
新築されたニューヨークの国連本部オフィスにストリングのシェルフがオーダーされる。

1953年
ストリング プレックス発売。

1953年
自立式シェルフ発売。ニルスは好んでいなかった。

1954年
ミラノ・トリエンナーレで金賞受賞。

1955年
ヘルシンボリH55展に出展。「スウェディッシュ デザイン」という表現が生まれる。

1956年
ドイツでストリング製造販売権所有のDeutsche String GmbH社設立。

1950年代
コロンビアではストリング運送費がエメラルドで支払われていた。

1957年
フロアパネル発売。

1961年
ストリング意匠登録。

1963年
string continent発売。

1970年
新しい収納コンセプトtingoteket発売。しかしヒットはしなかった。

1979年
ストリングがスウェーデン国立博物館のデザインコレクション収蔵作品に指定される。

1993年
ニルス考案のブックシェルフkamがスウェーデン工芸デザイン協会のexcellent swedish design受賞。

1999年
ニルス自身がスウェーデン工芸デザイン協会のclassic prizeとexcellent swedish design受賞。

2005年
H05展にてホワイトカラーのストリングを発表。同年ウォールナット、オーク、ブラックを発表。

2005年
ポケットをマルメのフォルム・デザイン・センターで発表。

2009年
最新の法に基づきストリングを意匠登録。

2009年
アルテック創業75周年を記念しポケットのアルテック グレー制作を受託。

2009年
ストリング生誕60周年。マッツ・テセリウスによる600個限定シリアル番号入りポケット ゴールド/ローズウッドを発売。

2010年
デザインジャーナリスト レベッカ・ターシス著ストリングの歴史本string pocket出版。

2013年
ビヨーン・ダールストロームとアンナ・フォン・フェーヴェンによる折りたたみ式テーブルを発売。

2014年
アンナとビヨーンによるオフィス家具シリーズのストリング ワークスを発表。

2015年
オフィス家具シリーズ ストリング ワークスが
ドイツのデザインアワード2016で最優秀デザイン賞を受賞。

ストリング ポケット10周年を記念してマッツ・テセリウスがステンレススチールのポケットをデザイン。

iPad専用アプリでストリング シェルフのシミュレーションが出来ます。

販売店